カテゴリ: 世間話

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/08/08(木) 15:18:31.28 ID:CAP_USER
「なぜ日本の国花を見に行かなければならないの。」
バスに乗ることを拒否した子供の説明はこうだった。我が国を侵略し、私たち民族を困らせて悪い問題を起こした日本国。それで日本人の花のお花見がいやで乗車を拒否した。

記者も反日感情を容易に払いのけられないまま生きてきた。硬直した韓日関係を破ることができず、普通の日本旅行さえ、さっさとは出られなかった。子供の桜の理由は30年前のことだ。いきなりこの理由を思い出したのは悪化一途に展開している反日感情からの連想だ。

最近、日本不買運動が強まっている。しかも光復節が目前に近づき、反日感情は頂点に達する。不買運動方法も多様だ。流通業界は日本製品の代わりに国産代替材使用を促す雰囲気だ。いわゆる「愛国マーケティング」だ。このような「愛国マーケティング」は国内企業の実際、売り上げ増大につながり期待につながっている。

ムン・ジェイン大統領は「再び負けません」という決意を宣言した。かつてないほど反日のメッセージが最高に高まっている。形と方法はそれぞれ違うが、反日感情は頂点に向かって駆け上がっていることだけは間違いない。ここで明らかな共通点は私たち国民全てに反日(克日含む)のDNAが流れているという事実だ。正常な国民ならば。

30年余り前、日本人の花見にまで抵抗した子供の「反日」は自然だった。「ぼく、今日は桜の花を見てもっと美しい花は何があるのか調べよう。より良い花を咲かせて日本の花に勝とう。」幼稚園の先生のこの一言が子供の心を動かした。より良い花を咲かせて日本に勝とう、というきわめて自然な解決法を与えたのだ。

「克日」の共感。それが子供の心を動かした。ムン大統領の「再び負けない」という意思表明に力を加える。私たちみんなに反日のDNAが流れている。「必ず勝つ」というDNAが溶けている。克日と反日は私たちの民族が持って生まれた運命のようなもの。私たちみんなが力を合わせる時だ。私たちの反日DNAは一点も恥ずかしくない。

ソ・ジュンクォン記者
no title


ソース:金剛日報(韓国語)<反日のDNA,そして愛国マーケティング>
http://www.ggilbo.com/news/articleView.html?idxno=692229

【【韓国】 私たちみんなに反日のDNAが流れている。それは一点も恥ずかしくない[08/07] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/08/06(火) 14:29:23.54 ID:CAP_USER
「ルビコン川を渡る」。もう後戻りはできないという覚悟で重大な決断や行動を起こす意味だ。日本が輸出手続き優遇する「グループA(ホワイト国)」から韓国を除外したのを受け、韓国の文在寅大統領は事実上、日本への「宣戦」を布告した。これにより、2022年5月までの任期中の日韓関係改善は絶望的になった。

「ホワイト国」除外をめぐり、レコードチャイナの記事を見たネットユーザーからは理解を助けるコメントが寄せられた。「どこからでもネットチャージできるモバイルSuica」で改札を通る=ホワイト国優遇要件/毎回券売機で乗車券を買って改札を通る=通常国要件」。乗車拒否(禁輸)しているわけではなく、「多少不便になるだけ」という趣旨だ。日本メディアも「一時的な混乱はあるかもしれないが、大きな影響は出ない」とみている。

それにもかかわらず、文大統領を先頭に韓国側が猛反発しているのは、日本企業に相次いで賠償を命じた元徴用工判決への報復ととらえたことに加え、これまで日本から頑とした拒絶を受けた経験がなかったためだ。植民地支配の記憶と相まって過剰に反応しているかに見える。文大統領の口からは「盗っ人たけだけしい」「二度と日本に負けない」「勝利の歴史をつくる」などの激しい言葉が飛び出した。

一連の発言について、聯合ニュースは「今回の事態を『韓日経済戦争』と見る向きがあるのは事実ではあるものの、大統領が(テレビで)生中継されている会議で『勝利』『敗北』を連想させる単語を使用したのは異例との評価もある」と指摘。「今回のあつれきが単純な経済問題を超え、外交や過去の歴史問題などが複雑にからみあっている点を考慮すれば、今回だけは韓国も簡単に譲歩できないという文大統領の切迫した心情もうかがえる」と解説した。中央日報は「事実上、対日全面戦を宣言したのと変わらなかった」と伝えた。

同時に「反日」は政権の求心力にもつながる。東亜日報によると、政権与党「共に民主党」のシンクタンク・民主研究院が「日韓対立への強硬対応が来年の総選挙のための好材料になる」という趣旨の報告書を所属議員らに配布していたことが分かり、波紋を呼んでいる。日本の措置が文大統領にとって“追い風”になる側面も否定できない。

次のヤマ場は元徴用工訴訟の原告側が差し押さえた日本企業資産の現金化だ。裁判所が現金化を認めた場合、文政権は元徴用工判決と同様、「司法判断の尊重」を理由に介入しないとみられる、日本企業に実害が発生したら、日本政府が新たな対抗措置を打ち出すのは必至。全く出口が見えない日韓関係の泥沼化がまだまだ続きそうだ。
Record china
2019年8月6日(火) 14時10分
https://www.recordchina.co.jp/b734856-s0-c10-d0059.html
no title

【【「ルビコン川」渡った韓国・文在寅大統領】日本に「宣戦布告」、任期中の関係改善は絶望的[08/06] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/08/02(金) 10:50:32.40 ID:CAP_USER
日本が2日、輸出審査優遇国であるホワイト国から韓国を排除する措置を強行する場合、
韓国与党はすべての手段を講じて全方向的な対策を立てるという方針だ。

共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表など党指導部は2日午後、
非公開最高委員会議を開いて具体的な対応方針を議論することにした。

4日午後2時には国会で李洛淵(イ・ナギョン)首相、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相など関係部署長官ら、
そして鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)安保室長、金尚祖(キム・サンジョ)政策室長などとともに
高位党政協議会を開いて素材・部品・装備の競争力強化対策を協議することにした。

会議後はブリーフィングを通じて関連対策を発表する予定だ。

共に民主党の日本経済侵略対策特別委委員長を務めるチェ・ジェソン議員は1日、
公開会議で「明日(2日)排除が行われようが、あるいはその後に先送りされようが万全の準備を通じて水平的対応措置を取っていきたい」として
「水平的な対応措置以外に非対称的な方法も準備されている」と話した。

特別委関係者は「『水平的』『非対称的』方法が具体的に何を意味するかについて戦略上発言を控えている」と伝えた。

水平的対応とは現在の自発的に行われている日本製品不買運動以外にも日本経済に打撃を与え得る案になる可能性が大きい。
非対称的方法は今月末が期限となっている韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)の延長拒否カードではないかという見方が出ている。

特別委は当初「経済は経済、安保は安保」という立場だったが、3日前からは特別委委員の個人的な意見を前提にGSOMIA破棄のカードを取り上げてきた。

一部では2020年東京オリンピック(五輪)に打撃を与えるべきだという主張もある。
https://japanese.joins.com/article/195/256195.html?servcode=200&sectcode=200
no title

【【ホワイト国除外】 東京五輪のボイコット? 軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄? 韓国与党の強硬対応カード 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/08/01(木) 14:22:21.96 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】

韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は1日、日本が安全保障上の友好国として輸出上の手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外すれば、韓国政府も対応を講じざるを得なく、両国の安全保障協力の枠組みを検討することが不可避との立場を示した。

康長官はこの日、タイ・バンコクで日本の河野太郎外相と会談。ホワイト国の除外問題を話し合ったが、隔たりは全く埋まらなかった。

康氏は会談後、記者団から韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長と関連した質問を受けると「あすの閣議で除外の決定が出れば、われわれとしても必要な対応を講じざるを得ない」と強調。

「日本の輸出規制措置が安全保障上の理由で行われた。われわれもさまざまな安全保障の枠組みを検討せざるを得ないと(河野外相に)伝えた」と説明した。

軍事情報包括保護協定は韓日が北朝鮮の核・ミサイル関連情報などを共有するために締結したもので、2016年11月に発効。効力は1年で、効力が切れる90日前に両国どちらかが協定を破棄する意思を通告すれば終了する。8月中旬までに破棄を通告しなければ自動的に1年間延長される。


2019.08.01 14:00/聯合ニュース
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190801002800882?section=japan-relationship/index
no title

【【韓国外相】 「ホワイト国」除外なら韓日安保枠組みの検討不可避 [08/01] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/07/31(水) 14:35:54.70 ID:CAP_USER
2019年7月31日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、文禄・慶長の役で朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍したとされている「李舜臣(イ・スンシン)将軍」に再び言及し、その「意図」に注目が集まっている。

韓国・YTNによると、文大統領は30日午後、大統領休養地の慶尚南道巨済市楮島(チョド)で行われたイベント「楮島開放」で、「楮島は非常に歴史的意味の大きい場所」とし、「文禄・慶長の役で李舜臣将軍が初勝利を収めた玉浦海戦の起きた楮島の海を国民と一緒に見るという公約を守ることができてうれしい」と述べた。

文大統領は日本が対韓国輸出規制を強化した後、数回にわたって李舜臣将軍に言及しているという。今月12日に全羅南道を訪問した際には「全南は12隻の船で国を守った李舜臣将軍の護国精神が立ち上がった場所」と述べた。

また、文大統領は24日に釜山で開かれた規制革新関連の道知事懇談会に参加した後には、日本の措置に対し「堂々と対応する」と強調していたという。

文大統領の発言に、韓国のネットユーザーからは「何度も李舜臣将軍に言及するのは、反日感情をあおって韓国内を分裂させ、選挙を有利に運ぼうという作戦だ。日本の措置で苦しんでいる企業だけがかわいそうな目に…」「韓国の敵は日本じゃなくて北朝鮮だよ?」「反日感情を利用して支持を集めようとせず、冷静に国を守る方法を考えてほしい」など否定的な声が上がっている。

また「休暇を取りやめたと聞いたけど、そんなところにいたら意味ないのでは?」「北朝鮮がミサイルを発射したというのにのんきだね」と指摘する声も。

一方で「韓国の大統領史上で最も正義感があり民主的な文大統領には、李舜臣将軍に言及する資格がある。これからも支持する」「日本旅行をキャンセルして楮島に行こうという素晴らしいメッセージだ」などと擁護する声も上がっている。

Record china
2019年7月31日(水) 14時10分
https://www.recordchina.co.jp/b733795-s0-c10-d0058.html

【【日本の輸出規制措置を意識?】文大統領がまた「抗日英雄」に言及=韓国ネット「反日感情を利用しないで」[07/31] 】の続きを読む

このページのトップヘ