カテゴリ: 世間話

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/09/21(土) 17:39:34.01 ID:CAP_USER
・韓国政府対応に…"告げ口超えた露骨な扇動"
・"処理数海洋放出恐怖感助長…旭日記排斥に熱上げて"

(写真)
http://image.news1.kr/system/photos/2019/9/21/3831102/article.jpg
▲ 去る7月20日、ソウル 鍾路区の旧日本大使館前で行われた日本の経済報復と日本の安倍晋首相を糾弾するろうそく集会が終わった後、参加者が大型の旭日旗を破るパフォーマンスをしている。
____________________________________________________________

(ソウル=news1)ハン・サンフィ記者 = 極右気質の日本の産経新聞は、韓国政府がフクミサ(フクシマの間違い=福島)第1原子力発電所の汚染水処理と東京オリンピックの旭旗記競技場搬入問題を国際社会に公論化したことに関連して、「第3者に “告げ口(コジャジル)” をしている」と非難した。

産経新聞は21日、名村隆寛(ナムラ・タカヒロ)ソウル支局長が書いたコラム形式の記事で、「韓国政府は国際舞台で日本を公的に批判して、自身の主張を国際社会の強い懸念に誇張している。告げ口を超えた露骨的な扇動だ」と主張した。

新聞では、「韓国側が国際原子力機関(IAEA)の総会で、“処理水” ではなく “汚染水” という表現を使って海洋放出の恐怖感を強調した」とし、「韓国が処理水問題をめぐり、日本の誤りを満天下に知らせ回る告げ口を始めた」と強弁した。

日本では、福島原子力発電所の高レベルの放射性廃棄物を浄化施設で浄化したという理由から、『処理水(チョリス)』と呼んでいる。

引き続き新聞では、「日本が困っているという立場を見せるとすぐに、韓国はまるで鬼の首を取ったように(オバケの首を切ったように)得意がった」とし、「韓国の正しさと日本の至らなさを訴えて、相手に同意を求めようと懸命になっている」と指摘した。

新聞では最近、パク・ヤンウ文化体育観光部長官がトーマス・バッハ(トマス・パフ)IOC事務総長に対し、旭日旗の搬入禁止措置を要請する書簡を送ったことについて、「中国や北朝鮮にまで同意を求めて旭日旗の排斥に躍起になっている」と非難した。

「韓国政府とメディアでは、旭日旗が日本の帝国主義とアジアの侵略戦争に使われた日本軍の旗で、ナチスを象徴するハーケンクロイツのような戦犯旗であると主張している。しかし、日本国内では政治的宣伝とは無関係であるという解析が支配的」と新聞は主張した。

新聞は最後に、「韓国は旭日旗に対して異常なくらい特別な執着心を見せている。処理水や旭日旗の解決に集中するより、問題の拡散を願っているかのようだ。日本を難癖をつける韓国の行動に国際社会が同調しているかどうかは分からない」と揶揄した。

ソース:ソウル=news1(韓国語)
http://news1.kr/articles/?3725049

【【韓国】産経が、『韓国、原発汚染水・旭日旗を第三者に “告げ口” 』と暴言[09/21] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/09/21(土) 13:15:15.46 ID:CAP_USER
22日(現地時間)から26日まで3泊5日間の「国連外交ウィーク」が始まる。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が当初の方針を変えて国連総会への出席を決めたのは、それだけ国際情勢が緊迫した状態であることを意味する。今回の国連総会期間中の外交成果は、今後の米朝関係のほか、韓日、韓米関係にも影響を及ぼすとみられる。23日の韓米首脳会談、24日の国連基調演説、さらに安倍晋三首相との「対面」も関心事だ。今回の国連外交の3つのポイントを整理する。

<1>「同床異夢」の韓米首脳会談?

現在の韓米間の3大外交懸案は▼米朝対話の再開▼防衛費分担金交渉▼韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定だ。どれ一つ簡単な問題はない。両首脳間のメッセージの強度によっては、ぎこちない「同床異夢」が演出されることも考えられる。

トランプ大統領の最大の関心事は防衛費問題と予想される。したがって文在寅大統領から直接、大幅引き上げの確約を受けようとする可能性がある。ほぼ同じ時期にソウルで第11回防衛費分担金交渉が始まるのも韓国には負担となる。一方、韓国側の関心事は米朝対話の再開だ。

世宗研究所のウ・ジョンヨプ米国研究センター長は「文大統領がトランプ大統領に『北を交渉トラックに留めておくためにも一部の制裁緩和が必要』という点を説得すると予想される」とし「韓国の立場ではこのために防衛費分担金に前向きな態度を見せることがある」という見方を示した。

韓日関係にも言及される見通しだ。最近ワシントン当局者に幅広く接触した外交筋は「米国側ではGSOMIA終了決定に関連して韓国に不満が大きい状況」とし「トランプ大統領がいかなる形であれ韓日米の連携に関するメッセージを伝えるだろう」と話した。

<2>韓日首脳会談は「不透明」

共同通信は19日(現地時間)、「日韓両国は強制徴用賠償判決や輸出規制などの懸案で歩み寄りが見込めず、国連総会期間中は首脳会談を開く状況でない」と報じた。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と茂木敏充新外相の会談は25、26日で調整中だ。

韓国は6月末に大阪で開催された主要20カ国・地域(G20)サミットを控えても首脳会談を提案したが、日本側が日程上の理由で事実上拒否した。G20会議場でも「10秒握手」をしただけだ。今回の国連総会でも顔を合わせる時間は長くないと予想される。安倍首相は今月11日の内閣改造直後にも韓国との外交基調は全く変わらないと述べた。

梁起豪(ヤン・ギホ)聖公会大日本学科教授は「下半期は10月22日の新天皇即位式、11月22日のGSOMIA終了日の2回の機会を(関係改善の)きっかけにすべきだ」と指摘した。

<3>米朝実務交渉「場外戦」

ニューヨークで首脳外交が展開される間、「第三国」では米朝実務交渉が行われる可能性が高い。北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官が「9月中下旬」と時期に言及したため、早ければ今週末にも具体的な実務交渉時間・場所などの輪郭が表れる可能性がある。情報筋は「板門店(パンムンジョム)や平壌(ピョンヤン)は米国が好まず、第三国になる可能性が高い」と話した。

米朝が見せる新たな駆け引きもカギだ。北朝鮮は早くから外務省米国局長の談話(16日)を通じ、「体制の安全」と「発展を妨げる脅威と障害物(制裁)の除去を望む」と明らかにしてきた。「核を凍結すれば連絡事務所など開設」は拒否した(12日の朝鮮新報)。

米朝対話の再開に対応して大統領より先に訪米した韓国の李度勲(イ・ドフン)外交部韓半島平和交渉本部長は20日(現地時間)、ビーガン北朝鮮政策特別代表と韓米北核首席代表協議を行う。

峨山政策研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)安保統一センター長は「最近の談話を考慮すると、北は結局、韓国が米国から制裁緩和を引き出すことを望んでいる」とし「韓国が北朝鮮の手先になってはいけないので、韓米対話で非核化の条件付きという点を明確にしなければいけない」と助言した。

2019年09月21日12時39分
https://japanese.joins.com/article/839/257839.html
no title

【【中央日報】 国連総会に出席する文大統領と安倍首相…G20と同じく「10秒握手」か [09/21] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/09/20(金) 11:45:38.96 ID:CAP_USER
9/20(金) 11:41配信

共同通信

 【ソウル共同】世論調査会社「韓国ギャラップ」は20日、文在寅大統領の支持率が2017年5月の就任以降で最低となる40%に落ち込んだとの調査結果を発表した。不支持は53%だった。家族を巡る疑惑が検察の捜査対象となっているチョ国法相を任命したことへの批判が影響した格好だ。

 チョ氏が法相にふさわしいとの回答は36%、ふさわしくないとの回答は54%だった。世論調査会社「リアルメーター」も19日、文氏の支持率が43.8%となり、同社の調査では最低になったとの結果を発表したばかり。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000066-kyodonews-int
no title

【【ムン悲報】文大統領の支持率40%に 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/09/19(木) 14:54:53.29 ID:CAP_USER
2019年9月17日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、最大野党「自由韓国党」の黄教安(ファン・ギョアン)代表など韓国の政治家による「丸刈り抗議」が海外でも注目を集めている。

記事によると、英BBCは17日に「なぜ韓国の政治家らは丸刈りにするのか」と題する記事で、黄代表がさまざまな疑惑が浮上しているチョ・グク氏を法相に任命したことに抗議するため丸刈りにしたことを伝えた。BBCは娘の不正入学などチョ氏をめぐる疑惑も紹介し、「韓国の大学生らの怒りを買っている」「韓国社会の階層格差をめぐる論争を引き起こした」などと説明した。また、黄代表より先に女性議員2人が同じ理由で丸刈りにしたことや、韓国のネット上で丸刈りの黄代表が俳優のゲイリー・オールドマンに似ていると話題になり、「キムチ・オールドマン」とのあだ名までついたことも紹介した。

その上で「丸刈りは韓国社会で伝統的な抗議方法だ」とし、「背景には儒教的文化がある」と分析。「1960~70年代には軍部独裁政権相手にも丸刈りにして抗議意志を示した」「2016年には米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に反対するため約900人が丸刈りにした」など過去に行われた数多くの事例も挙げたという。

これを受け、韓国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられているが「なぜそるのだろう。政治、仕事をしてほしい」「国民にも理解不能」「どうせただ暑いからだよ」「韓国の政治家の武器は丸刈り、車椅子、涙。恥ずかしい」「他にいい案が何も思い付かないから頭を剃るしかない」「韓国の政治家はショーが大好きだからね」「髪ではなく年俸を削ってほしい」など冷ややかなものが多い。

一方で「ここまで注目を集められるのも才能。黄代表を次期大統領に」「政治でも韓流ブームを起こしてほしい」「国民の関心を集めるという意味ではいい。さて、今日は誰が丸刈りになるかな?」などの声も見られた。
Record china
2019年9月19日(木) 14時50分
https://www.recordchina.co.jp/b745698-s0-c10-d0058.html
no title

【【韓国の政治家はなぜ丸刈りにする?】海外でも注目浴びる=韓国ネット「恥ずかしい」「国民にも理解不能」[09/19] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/09/17(火) 09:17:09.72 ID:CAP_USER
慰安婦問題合意の破棄、徴用工賠償判決と日本企業の資産差し押さえ、日本海における自衛隊機へのレーダー照射、日韓軍事情報協定「GSOMIA」の破棄、そして韓国国会議員の竹島上陸……韓国の文在寅政権による反日的な政策は、とどまるところを知らないかのようだ。

 日本を「盗っ人たけだけしい」と公然と罵倒した文大統領には、もはや未来志向の日韓関係を築く意志はないようにも見える。

 そんな文政権に対し、韓国内の知日派エリートが声をあげた。

「2020年春に行われる韓国国会の総選挙で、文政権を支える与党『共に民主党』『国民党』が勝利すれば、大韓民国という国は地球上から消える」

 対日外交の最前線で活躍してきた韓国政府高官X氏は、そう危機感をあらわにする。

「国家に反逆した罪で極刑に」

 日本と韓国は「対北朝鮮」のために、長年、協力関係を維持してきた。なかでも韓国大統領直属の情報機関「国家情報院(国情院)」は、日本の政府機関とも情報を共有し、密接な交流をしていた。

 ところが文政権は、「日本に対して、北朝鮮に関する一切の情報を提供してはならないとの命令を出している」(X氏)という。

 親北朝鮮を標榜する文政権が狙うのは、北朝鮮との統一だ。

「文大統領が考えていることは、選挙に勝って、憲法を改正することだ。『1期5年』の大統領任期を『2期10年』に変えようとしている。そして任期延長が実現すれば、北朝鮮との統一連邦国家へと具体的に政策を進めるだろう。連邦国家といえば聞こえがいいが、実質、北朝鮮と同化されてしまう」(X氏)

 そうした文政権の動きを前に、政府内の保守派たちは今、ひそかにある思いを抱いている。

 韓国の歴代大統領たちは、例外なく非業の末路をたどっている。朴槿恵前大統領は「国政壟断」の罪で逮捕され、懲役25年・罰金20億円という重い判決を受けた。ということは……。

「文政権は、本来の意味の国政壟断罪で、または反逆した罪で、逮捕され、極刑にまで至る」――国情院OBにはそう言い切る者も多いという。

9/17(火) 5:30配信 文春オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00014105-bunshun-int

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190917-00014105-bunshun-000-1-view.jpg
no title

【【韓国】<韓国政府高官>覚悟の告発!「文在寅では韓国が地球上から消える」 】の続きを読む

このページのトップヘ