カテゴリ: 中韓

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/07/25(木) 14:44:13.95 ID:CAP_USER
2019年7月25日、韓国・聯合ニュースは、福島など8件の水産物禁輸措置をめぐる世界貿易機関(WTO)の上訴審で勝利した韓国の通商チームが、日本による輸出規制強化措置の撤回に向けて用意した作戦は「対話を拒否する日本の本性を国際社会にばらすこと」だったと報じた。

記事によると、日本の輸出規制に関する韓国政府の立場を説明するため24日のWTO一般理事会に首席代表として出席した韓国産業通商資源部の金勝鎬(キム・スンホ)室長は「日本の措置が自由貿易体制を脅かす」と主張した後、隣に座っていた外務省の山上信吾経済局長の経歴を紹介し、議長に向かって「山上局長と対話できるよう韓国政府の意思を伝えてほしい」と訴えた。これについて、金室長は理事会後に「日本がどれほど非協力的かを示したかった」と話したという。記事は「具体的なWTO規範条項を提示すると、後で提訴した際に日本が対策を立てやすくなるため、対話を提案することで国際社会の世論戦で優位を占める戦略」「韓国政府の対話要請を拒否していた日本政府の代表としてはその場で立場を表明することが難しく、韓国は日本が受け入れたら利得、拒否しても変わることはなく損しないという、日本の虚をつく戦略だ」などと説明している。

これに対し日本側は「国の安保を理由にした措置であり、WTOで言及するのは適切でない」とこれまでと同じ立場を述べるだけで、対話の可否には言及しなかった。しかし議論終盤、金室長は再び議長に向けて「日本側の回答が聞きたい」と要求。すると日本側は韓国の提案を拒否した上で「貿易とは関係のない問題であるためWTOで議論するものではない」と強調した。これに対し、金室長は「相手国の高官が提案した議論すら拒否するのは、自分の行動の結果を直視できないということ」と指摘したという。記事は「国際機関の会議で一方の閣僚が相手国の閣僚を名指しして対話を提案するのは破格的なことで、対話提案に対し具体的な理由を説明せず拒否するのも珍しいことだ」と説明している。

理事会後、金室長は他の国の発言がなかったことについて「初めから支持発言は期待していなかった」としつつ「対話での解決に反対する人に挙手を求めたがどの国も手を上げなかった。沈黙は支持と捉えると言った時も異議を唱える国はなかった」と話した。また「日本が対話を拒否し続けているということを国際社会が知れるよう、根拠をはっきり残したかった」と説明したという。

これに韓国のネットユーザーからは「素晴らしい戦略だ」「アイデアがいいね」「すぐ目に見える成果はなくても最善を尽くした政府に拍手。文政府の後ろには国民がついている。今のように堂々とした対応をしてほしい」「日本との感情的な争いは国民が担当する。政府は品位を保ちつつ冷静に戦ってほしい」「日本の本性を暴いて世界に教えよう。日本の措置は世界経済に対する侵略を宣言したものと言える。世界が1つになって日本の悪い部分を直せるといいな」など韓国政府への称賛や応援の声が相次いで寄せられている。

一方で「作戦は最後まで秘密にしておくべきでは?」「韓国政府の戦略はいつも『対話しよう』。それ以外はないの?」などと指摘する声も上がっている。
Record china
2019年7月25日(木) 14時10分
https://www.recordchina.co.jp/b732360-s0-c10-d0058.html
no title

【輸出規制撤回に向けた韓国のWTO戦略は「日本の本性を暴露」?=韓国ネット「素晴らしい」「国民がついている」[07/25] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/06/26(水) 08:03:23.06 ID:kCfkhfgC0 BE:468394346-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
中国国土資源省傘下の国家測絵局(測量および地図制作機関)など中国政府が
運営中のホームページ200件で、「東海(トンヘ)」が「日本海」と表記されていることが明らかになった。

文化体育観光部傘下の海外文化広報院が未来希望連帯の金乙東(キム・ウルドン)議員に
提出した資料「韓国に対する海外国家の認知誤謬事例および対応」を18日に分析した
結果だ。この資料には07年から今年4月にかけて確認された表記内容が書かれている。

中国政府が運営中のサイトのうち誤謬が最も多いのは国家測絵局のホームページで、
「東海」を「日本海」と表記している部分が約160カ所もあった。中国気象局(14カ所)、
中華人民共和国中央人民政府(10カ所)、中国気象局図書館(5カ所)、
中国気象衛星センター(2カ所)、中国国家図書館(1カ所)などのホームページも
「日本海」のみ表記している。政府は07年から中国政府に是正を要求しているが、
現在まで1カ所も修正されていないと、金議員は主張した。

この資料によると、フランス外務省のホームページも昨年5月まで独島(ドクト)を
「Take-shima(竹島)」と、「東海」を「日本海」と表記していた。韓国政府が抗議すると、
フランス外務省は地図を削除した。

金乙東議員は「中国をはじめとする外国政府機関のホームページに多くの誤謬が
見つかったが、政府の対応は不十分」とし「政府は‘静かな外交’ばかりするのではなく、
場合によっては強力に対処しなければいけない」と述べた。

https://japanese.joins.com/article/266/139266.html?servcode=A00&sectcode=A00
no title

【中国政府ホームページ、東海を「日本海」と表記 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/06/06(木) 18:46:38.26 ID:CAP_USER
2019年6月6日、韓国・中央日報は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が訪韓する方針を固めたと伝えた。

記事によると、ある外交消息筋は「習主席が今月28~29日に大阪で開かれるG20サミットの前に韓国を訪問する」とし、「習主席は米中貿易戦争の激化などさまざまな外交問題を抱えているが、中国の周辺国外交において核心的な役割を担う韓国への訪問をこれ以上後回しにできないと判断した」と説明した。

習主席の訪韓が実現すれば、朴槿恵(パク・クネ)政権だった2014年7月以降、約5年ぶりとなる。

習主席の訪韓をめぐっては、先月末に駐韓中国大使館が習主席のために予約していたソウルのホテルをキャンセルしたことで事実上「白紙化した」とみられていた。

今回、中国当局が立場を変えた最大の理由について、記事は「米中貿易戦争の激化を受け、中国は味方を確保するための周辺国外交を大々的に強化しており、その中でも韓国が占める地位が他の国より高いため」と説明している。

また北京の外交関係者の間では「習主席は北朝鮮を訪問した後に韓国に向かう」との予想も出ているという。

これに関し、韓国政府当局者は「中韓の首脳が会って朝鮮半島問題を議論する必要性はある」としつつも「首脳会談は最終確定をした後に両国の合意のもと共同発表するのが外交の原則だ」と話したという。

このニュースを受け、韓国のネットユーザーからは

「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で韓国に幼稚な報復をしたことを忘れた?韓国政府の賢明な判断が必要な時」
「米国に負けそうだからでしょ?文大統領は来るなと言うべきだ。訪中した文大統領が1人でご飯を食べことを思い出すと、腹立たしくて今も眠れない」
「来たところで、文大統領は中国にペコペコするだけ。中国は華為の製品を買えと言うだけだろう」
「文大統領が習主席にへつらう姿を見たくない」
「来る理由は明らか。中国側につけば何かをくれる、米国側につけばTHAADの時の10倍の報復をする、と脅迫するんだ」

など、習主席の訪韓に反対する声が数多く寄せられている。 一方、一部からは

「より多くの国と幅広く仲良くした方がいい。特に中国人観光客は韓国経済にとって大きな存在だ。中国とはうまくやってほしい」
「これこそが外交。文大統領はよくやっている。大国の中国に『行く』と言わせたその力がすごい」

など歓迎する声も上がっている。


2019年6月6日(木) 16時0分
https://www.recordchina.co.jp/b600336-s0-c10-d0058.html
no title

【【中韓】 中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発 「来る理由は明らか」 [06/06] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/19(日) 02:44:29.82 ID:chq7AZ+79
◆ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

あるパーティーで、60代後半だと思われる初対面の男性に自己紹介したところ、「朝鮮半島が専門だというから聞くんだけど」と切り出されました。
「あー、きたきた」という感じです。
男性は「韓国はなんだ、あれ? やっぱりおかしいな」と続けました。

議論をする場ではないし、そもそも生産的な話にはならないのですが、単純に同調するわけにもいきません。
仕方ないので、冷戦終結からの30年間に日韓関係は根本的に変わってきていること、お互いが変化した関係に適応できずにいるため政治的な摩擦が激化していることなどを説明したのですが、あまり納得してはもらえませんでした

◇ 世代差の激しい韓国への親近感

日本政府が毎年行っている「外交に関する世論調査」というものがあります。
米国や中国、韓国について「親しみを感じるか」などと聞く調査です。

昨年末に発表された調査結果では、韓国に親しみを感じるという回答は39.4%でした。
2012年の李明博大統領(当時)による島根県・竹島上陸を契機とした日韓関係悪化を受けて14年に31.5%まで落ち込んだものが、少しずつ回復しているという状況です。
ただ6割を超えていた09~11年とは比べるべくもありません。

調査結果の詳細なデータを見ていると気がつくことがあります。
「韓国に親しみを感じる」という回答が18~29歳では57.4%なのに、70歳以上では28.1%なのです。

まさにダブルスコア。他の年代も見ると、30代51%、40代42.3%、50代42.7%、60代31.3%でした。
どこで線を引くべきかは難しいところですが、高年齢層の方が韓国に対して厳しいというのは一目瞭然でしょう。

「嫌韓は高齢者に多い」というのは専門家たちが話題にしていたことなのですが、それを裏付けるような数字です。
ヘイトスピーチ対策に取り組んでいる神原元・弁護士は「ヘイトスピーチは若者が憂さばらしでやっているというのは勘違いだ。むしろ、ある程度の社会的地位を持つ50代以上というケースが多い」と指摘しています。
直接的なヘイトスピーチというほどではないものの、冒頭に紹介した男性のケースも同じでしょう。

◇ 「昔の韓国」イメージが嫌韓を生んでいる?

では、どうしてなのか。これは、なかなか難しいところです。
まだまだ検証が必要なのですが、1980年代末から韓国にかかわってきた私の感覚では、「昔の韓国」のイメージが作用しているのではないかと感じています。
80年代までの日本で韓国に持たれていたイメージは「軍事政権」というネガティブなものでした。

それに対して90年代後半以降に成人した世代には、K-POPに代表されるような発展した国という明るいイメージしかありません。
90年代末に慶応大の小此木政夫教授から「最近の学生はソウル五輪以降のイメージしか持っていない。我々の時代とは全く感覚が違う」と聞いたことがあるのですが、まさにそうした違いでしょう。

そして「昔の韓国」は、経済的にも、政治的にも、日本とは比べものにならない小さく、弱い存在でした。
それなのに、バブル崩壊後に日本がもたついている間に追いついてきて生意気なことを言うようになった。

そうした意識が嫌韓につながっているのではないか。
そう考えるのが自然なように思えます。
67年生まれの私と同世代だという神原弁護士も、同じような感覚を持っているそうです。

それ以外にも、さまざまな要因があるのでしょう。
もう少し取材を続けてみたいと思います。
【毎日新聞外信部長・澤田克己】

毎日新聞 2019/5/18(土) 7:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000003-mai-soci

■前スレ(1が立った日時:2019/05/18(土) 15:37:04.85)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558189563/
no title

【【ニュース解説】なぜ#嫌韓 ネトウヨは高齢者に多いのか? 毎日新聞外信部長が解説 ★7 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/04/19(金) 05:43:27.85 ID:fNFleplb0 BE:784885787-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
2019年4月16日、韓国・ソウル経済は、安倍晋三首相が5月に離任する中国の程永華(チョン・ヨンホア)駐日大使と
昼食を共にしたことを伝え、「韓国大使への対応と対照的だ」と指摘した。

記事によると、安倍首相は同日、程大使を首相官邸に招待し、1時間20分ほどの昼食会を行った。
安倍首相が外国大使と昼食を共にするのは異例のこと。
一方、同じく離任を控えた韓国の李洙勲(イ・スフン)駐日大使も8日に首相官邸を訪問したが、
離任のあいさつをしたのみで昼食会などは行われなかったという。また、その席で安倍首相は李大使に対し、
慰安婦問題や徴用工問題についての日本の立場を文在寅(ムン・ジェイン)大統領に伝えるよう求め、
韓国政府に適切な対応を取るよう要求していた。
これに、韓国のネットユーザーからは「日本はいつも強いものに弱く、弱いものに強く出る」
「中国に気に入られようと必死だな」と不満げな声が上がっている。
また「米国に怒られる覚悟はあるのか?」と指摘する声も。

その他「日中はうまく行っているのに、韓国は中国に冷遇され、日本に無視され、
米国からの信頼も失っている」「なぜ中国と比べるのか。韓国人の気持ちは別として、
国際社会では中国の方がずっと上のレベルだと思われている」と嘆く声や、
「外交は理性的に。感情で行ってはいけない。安倍首相がずる賢くふるまうほど日本は強い国に向かっている」
「韓国も軍事力を強化し、日本に見下されない力をつけてほしい」と訴える声も見られた。

(翻訳・編集/堂本)
ソース:レコードチャイナ<韓国大使に昼食はなし?安倍首相の中韓大使への対応の違いに韓国ネットから不満の声>
https://www.recordchina.co.jp/b703397-s0-c10-d0058.html
no title

【安倍ちゃん離任する中国の駐日大使とお別れランチ 同じく離任する韓国駐日大使「あ、あの…俺は?」 】の続きを読む

このページのトップヘ