カテゴリ: 韓国ポエム

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/18(土) 00:43:10.81 ID:CAP_USER
 文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済認識は今や「意地を張る」所まで行き着いた。経済が台無しになっているのは明らかなのに、「大成功した」「成果が明らかになった」と主張しているのだから、開いた口がふさがらない。経済危機を知らせる非常ベルの音はけたたましく鳴っている。庶民経済が破たんし、雇用は悲惨な状態で、成長動力に急ブレーキがかかっている。あらゆる指標、あらゆる現場の声が緊急事態であることを告げている。それにもかかわらず、政府だけは「違う」という。

国民の59%が日々の生活がいっそう苦しくなったと言い、経済学者の84%が「危機」だと言っているのに、政府だけが意地を張っているのだ。水で薄めたり、よく見せようと多少盛ったりする程度ではなく、全面否定だ。いくら「ネロナムブル」(自分のことならばロマンス、他人のことならば不倫=同じ失敗をしても、自分に甘く他人に厳しいという意味)政権でも、ここまでうそぶくとは思わなかった。

 なぜこれほどまでに無謀なのかは想像に難くない。それは政権が経済を経済として扱っていないからだ。経済は徹底した実用の領域だ。最も現実的で冷静になる必要があり、客観的な事実だけを追求しなければならない国政分野だ。そうした点で、文在寅(ムン・ジェイン)政権は「経済」をやっていない。経済ではなく政治を、実用追求ではなく価値闘争をしている。経済を政治と理念に仕える下位概念として見ている。政権としての目標を達成するための統治手段として扱っているのだ。

 この政権の最終目標は何か。文大統領は「主流勢力交代」だと言った。経済の主流交代のために持ち出してきたのが所得主導成長論と一連の反企業・親労働団体政策だ。左派偏向政策により全国民主労働組合総連盟(民労総)中心の労働権力、参加連帯流の左派分配論が主流の経済に変えようとしている。

 この政権にとって所得主導論は一介の政策ではない。それは政権のアイデンティティーを構成する中核的価値であり、理念である。数多くの批判が寄せられながら身じろぎ一つせずに押し通すのも、そういう理由があるからだ。政策は間違っていたら修正できる。しかし、所得主導論は理念なので修正の対象にはならない。だから、あらゆる副作用を引き起こして矛盾が生じてもミスを認めない。一種の現実否定心理と言える。

 与党は政権持続への意欲を燃やしている。「20年執権論」が取りざたされ、「左派永久執権」構想まで漏れ伝わっている。与党代表は「総選挙で260議席獲得」をうんぬんしている。これが執権勢力の本音だろう。政権の国政運営はすべて選挙日程に合わせて行われている。経済も例外ではない。選挙用の政策を打ち出し、票を得るために財布のひもを緩めている。選挙での勝利が至上命令なのだから、「経済失敗」は受け入れられない。総選挙まであと1年足らずという時に、政策の過ちを認めることはできない。何とかして左派偏向政策を固守しなければ、中核支持層を引きつけておけないと判断したのだ。最も実用的でなければならない経済でまで右派陣営か左派陣営かという理念闘争を繰り広げている。理念の塹壕(ざんごう)を掘ってその中に入り、「陣地戦」をやろうというのだ。

 政権には頼りにしている切り札がある。それは税金だ。
(中略:税金で経済の失政を覆い隠す「その場しのぎの策」がいつまでも通用するわけがない)

 国民も経済がうまく行っていないことに気づき始めた。ある世論調査でも、経済に落第点を付ける回答が半数を超えている。本紙の調査では55%が「所得主導論に反対する」と、46%が「経済失敗の責任は大統領・大統領府にある」と回答した。国民の目を一瞬ごまかすことはできても、5年間ずっと欺くことはできない。経済が駄目になっているのに選挙に勝ったという話は古今東西聞いたことがない。経済を台無しにしておきながら長期政権云々するとは、ごう慢だからなのか、それとも妄想なのか。

no title

▲朴正薫(パク・ジョンフン)論説委員

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【コラム】経済を台無しにしておきながら長期政権を目論む人たち>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/17/2019051780131_3.html

【【韓国】 経済を台無しにしておきながら長期政権を目論む人たち~ごう慢だからなのか、それとも妄想なのか[05/18] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/16(木) 23:09:43.14 ID:CAP_USER
日本の産経新聞は主要新聞の中で最も保守右翼指向が強いと評価される。セウォル号沈没当日、パク・クネ前大統領が側近と密会したという風説を提起したり、最近、3・1記念日行事を「微細粉塵行事」と呼んで「子供たちがかわいそうだ」とバカにするなど嫌韓論調で非難されている。

そのような産経にこの頃、韓国政府はぐうの音も出ない。最近、強制徴用と関連して提示される事実が「ファクト暴行」(事実で痛いところを突かれるの意味)に近いからだ。

産経は韓国の小学校社会科教科書に載った強制徴用労働者の写真が実は1926年、日本北海道地域で搾取にあった日本人労働者を撮ったものと指摘した。また、この写真が釜山(プサン)近代歴史館にも誤った説明と共に展示されていると報じた。

産経は韓国報道機関や書籍が「軍艦島に強制徴用された私たちの労働者」と紹介する写真も誤まりと指摘する。狭い坑道で横になってツルハシをふるっているこの写真もやはり1961年、炭鉱で働く日本人鉱夫の姿だった。

産経が指摘した後、政府は問題の教科書写真を覆うなど訂正措置を取った。しかし、すでにソウル、龍山(ヨンサン)、釜山などにたてた強制徴用労働者像はどうすべきだろうか。これら労働者像は教科書の写真に出てくる労働者の姿を模して作った伝えられている。事実なら私たちはひどい日本悪徳事業主に虐待された日本人を追悼していたことになる。

このような事実は我が国の史学界の一部でも着実に以前から指摘されてきた。それでも我が国の主流史学界・市民団体・政府は真実を無視した。反日民族主義を広めることばかり汲々としたせいだ。

この様な事例は一つや二つではない。例をあげれば政府は強制徴用被害者を受け付けるといいながら、本当に強制徴用対象者であった人々と自発的に募集に応じて日本に渡った労働者を区分していない。日本政府がこの様な事実を指摘すれば、その時はまた、どのように対応するのだろうか。

孫子の兵法に名将の条件として「方法をあらかじめ計算して勝てる戦争にしておくこと」とある。わが政府の歴史対決準備態勢はどうか。「私たちは善で日本は悪」という安易な認識に陥っているなら敗北を免れないだろう。

[外交安保統一部アン・ジョンフン記者]
no title


ソース:毎日経済(韓国語) [記者24時]韓日歴史「ファクトチェック」できない政府
https://www.mk.co.kr/opinion/journalist/view/2019/05/320493/

【【韓国】 徴用労働者の写真など韓日歴史の「ファクトチェック」ができない韓国政府[05/16] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/06(月) 20:28:22.08 ID:CAP_USER
no title


我が国の天然記念物であり代表的原産犬、珍島(チンド)犬。しかし、珍島犬が天然記念物に指定されたのは日帝強制占領時代でした。日本はどういう理由で珍島犬を保護したのでしょうか?

日帝強制占領期間には道路で殴られて死んだ犬が多かったです。日本の「野犬撲殺令」のためでした。登録証がない犬は全部打ち殺してかまわないという命令で、このために土地犬150万匹が虐殺にあいました。

慶州犬、火犬、豊山犬もこの時、ほとんど消えました。しかし、珍島犬だけは命脈が維持されました。1938年、日本が珍島犬を天然記念物に登録したためです。1936年日本のモリ・タメゾ(森為三)教授は珍島犬を直接見て、すぐに天然記念物で登録申請しました。

当時、日本では柴犬や紀州犬など土着犬の保護運動をしており、偶然にも珍島犬は紀州犬にとても似ていました。森教授はまさにこの点を高く評価しました。「内鮮一体、日本と朝鮮は一体だ。」自分たちの朝鮮侵略を正当化するために強調した根拠でした。

日本はこれを後押しする生物学的証拠として紀州犬に似た珍島犬を利用したのです。そのように災いをまぬがれた珍島犬は光復以後、ほとんど唯一の韓国原産犬になりました。

1962年、珍島犬は大韓民国の法律によって天然記念物と再び指定されましたが、珍島犬が異なる理由で評価された恥辱の歴史が再び繰り返されてはいけません。

ソース:SBSニュース(韓国語) 日本が珍島(チンド)犬を保護した理由…忘れてはいけない「恥辱の歴史「
https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1005253077

関連スレ:【韓国】 「尻尾がないところが狛犬に似ている」という理由で日帝に虐殺された慶州犬「トンギョンイ」の復活[10/11]
https://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1507725709/

【【韓国】 日本が他の犬を虐殺しながら珍島(チンド)犬を保護した理由…忘れてはいけない「恥辱の歴史」[05/06] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/04(土) 13:44:40.39 ID:CAP_USER
北朝鮮が1年5カ月ぶりに短距離ミサイルを発射した4日、北朝鮮の対外宣伝メディアは米国が韓国に対北朝鮮圧力政策を強要していると非難した。韓国に向けては「民族共助」を促した。

対外宣伝メディア「メアリ」はこの日、「米国のおこがましい介入」と題して「米国は不当な圧力と口出しで南北宣言の履行を妨害するのではなく、同族同士の民族問題を解決しようとする南北間の努力を尊重すべきだ」と主張した。

続いて「(米国の行動は)南側に対北制裁・圧力政策に歩調を合わせろという強迫であり、極めて悪質だ」とし「不純な目的を実現するために南北関係改善の前途をふさぐ米国の強盗のような企みは我々の民族に対米敵対感をさらに強める結果しかもたらさない」と強調した。

こうした主張は、最近マーク・ナッパー米国務次官補代理と上院議員らが相次いで訪韓し、韓米間の緊密な連携を強調したことに不満を提起したと分析される。

メアリは南側に対しては「民族共助」に積極的に進めるよう要求した。南北首脳会談に言及しながら「南側がいかなる外圧と逆風にも縛られず、板門店(パンムンジョム)会談と9月の平壌(ピョンヤン)会談当時の初心に戻り、南北宣言の誠実な履行で民族の前で自らの責任を果たすべきだ」と主張した。

対南宣伝メディア「わが民族同士」は「南北間で厳しい情勢になっている」とし、南側の態度を指摘した。続いて「これは、あれこれと口実をつけて南北宣言の履行を回避した南朝鮮当局の穏当でない態度に根本原因がある」と非難した。

別の宣伝メディア「朝鮮の今日」は「北と南はすでに歴史的な南北宣言を通じて国の統一問題をわが民族同士が力を合わせて自主的に解決していくということを世界に向けて確約した」とし「外国勢力の不当な干渉と妨害策動を断固として打ち砕き、民族団結の力で祖国統一の新しい歴史を築いていかなければいけない」と促した。

一方、北朝鮮はこの日午前、機種未詳の短距離ミサイルを北東側に数発発射した。韓国合同参謀本部は「北が4日午前9時6分ごろから9時27分ごろまで(江原道)元山(ウォンサン)北側の虎島(ホド)半島一帯から北東側に不詳の短距離発射体を数発発射した」と発表した。

今回発射された発射体は東海(トンヘ、日本名・日本海)上まで約70―200キロ飛行し、追加情報については韓米が精密分析中だ。北朝鮮が発射した飛翔体は長距離射撃が可能な長射程砲の可能性もあるという。


2019年05月04日13時22分 [中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/027/253027.html?servcode=500&sectcode=510
no title

【【中央日報】 ミサイル発射の日、北メディア「米国は出しゃばるな」 [05/04] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/02(木) 19:23:20.66 ID:FBw/Ijob9
ドイツのベルリンに行けば一日に1、2回は「ホロコースト記念碑」を通過する。
ブランデンブルク門とポツダモ広場の間に、観光客が集まる連邦議会議事堂とフリードリヒ街から徒歩10分の距離にある。高さが異なる濃い灰色の直六面体の石材(計2711基)が並んでいる独特の光景は通行人の足を引き止める。
この空間の正式名称は「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」。直六面体が置かれたところの地下にはユダヤ人虐殺の歴史に関連する展示館がある。入口にはこのように書かれている。
「それは確かに起こった。起こったということは再び起こりうるということだ」。

初めてそこに行った時、その位置と大きさに驚いた。ソウルでいえば徳寿宮(トクスグン)ほどに該当し、大きさはサッカー場3個分だ。東京の中心部にこれほどの規模で「全世界太平洋戦争犠牲者のための追悼碑」を造成していればどうなっていただろうか。
韓国人としてそのような想像をしないはずがない。

2014年6月に韓国政府の日帝強制動員犠牲者追悼碑建設を取材するため南太平洋島国パプアニューギニアに行った。コポポという都市に高さ6メートルの塔があった。
第2次世界大戦当時、ここで日帝の軍事施設工事に動員された韓国人およそ4000人が死亡した。出張中に過去に日本が建てた慰霊塔も見た。太平洋を一望できる海辺の山の中腹に、韓国追悼碑がある場所の3、4倍以上の空間が造成されていた。

以下ソースで読んで
5/2(木) 9:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000005-cnippou-kr
no title

【【韓国】我々全員が日本の「反省」を念願すべき 】の続きを読む

このページのトップヘ