カテゴリ: 韓国軍事

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/24(金) 13:47:20.22 ID:CAP_USER
韓国が、米国主管の新たな太平洋合同演習への参加を決めた。韓国軍関係者は23日、「米国側の要請で韓国・米国・日本・オーストラリアの4カ国海軍が参加する『パシフィック・バンガード』演習が、きょうから5日間の日程で始まった」と語った。米国から「航行の自由」への支持要請があり、インド・太平洋戦略も具体化している中で行われた今回の演習を巡っては「中国に向けた米国による武力の誇示」という声が上がっている。

 太平洋のグアムおよびマリアナ諸島付近の海域で始まった合同演習に、韓国海軍は駆逐艦「王建」(4200トン級)を派遣した。王建は対空防御や対潜水艦戦闘などの任務を遂行し、「ハープーン」対艦ミサイル、SM2対空ミサイル、5インチ砲、対潜ヘリなどを搭載している。日本の海上自衛隊は護衛艦「ありあけ」(4800トン級)および「あさひ」(5100トン級)を送った。米国は第7艦隊旗艦「ブルーリッジ」(1万9600トン級)などを、またオーストラリアはフリゲート艦「メルボルン」(4300トン級)および「パラマッタ」(3800トン級)を送った。

 米第7艦隊は、今回の演習について「この地域で起こり得るさまざまな事件への効果的な協力対応を可能にしようという趣旨。共有される価値と共同の利益を基にインド・太平洋全域に安全保障を提供する、同じ考えを持つ四つの海洋国家が能力を強化するところに目的がある」とコメントした。「共有される価値」とは、米国が中国を批判する際に用いる表現だ。

 韓国海軍は、このような「中国圧迫」の意味合いが強い演習に参加することには負担を感じていたといわれている。哨戒機・レーダー照射問題を巡る日本との対立がまだ解消されていない状態で日本と共に演習を行うという点も負担として作用した。韓国海軍の高官は「正確な意図は分からないが、米国側からは普段よりも強力な要請があった」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/24/2019052480027.html
no title

【【韓国】中国をけん制する韓米日豪合同演習、乗り気ではない韓国海軍 日本と共に演習を行うという点も負担として作用[05/24] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/18(土) 14:14:04.47 ID:AY0zQbap9
◆ 韓国陸軍、自爆型ドローンを初公開

■監視・偵察・打撃などドローンのデモンストレーション NBC除染ドローンもお披露目

高性能爆弾を積んで敵の240ミリ放射砲(多連装ロケット)車両に突っ込み、爆破する「自爆型ドローン」が、16日に初めて公開された。
韓国陸軍は16日、陸軍情報学校で監視・偵察・打撃・除毒(除染)・輸送用ドローン運用技術のデモンストレーションを行った。

この日のデモでは、360度の撮影が可能なカメラやVR(仮想現実)センサーを搭載し、全周の監視・偵察ができる監視偵察ドローンが敵地の目標を探しに飛んでいくことから始まった。
このドローンが森の中に隠れる240ミリ放射砲と戦車を探知すると、爆弾を投下する打撃ドローンと目標に直接突入する自爆型ドローンが出動し、敵の車両を無力化した。

化学兵器での攻撃に対応する「除毒ドローン」も登場した。
汚染地域をプログラムに入力すれば、ドローンが自動飛行して除染を実施するという概念だ。

敵の砲撃やNBC(核・生物・化学)攻撃で部隊の補給路が絶たれている状況を想定した輸送用ドローンも現実になった。
輸送用ドローンは、一度に重さ10キロの弾薬や食料などを運ぶことができる。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者

写真:no title


朝鮮日報 2019/05/17 10:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/17/2019051780019.html

【【韓国】陸軍、高性能爆弾を積んで敵の車両に突っ込む自爆型ドローンを初公開(写真あり) 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/18(土) 11:36:50.81 ID:CAP_USER
米国防総省傘下の国防安全保障協力局(DSCA)が韓国に「SM2ブロック3Bスタンダード」艦対空ミサイルを3億1390万ドル(約340億円)規模で販売する計画を国務省が承認したと17日(現地時間)明らかにした。

DSCAはこの日、報道資料を出してこのように明らかにし、「韓国が94機のSM2ブロック3Bスタンダードミサイルと関連技術支援の購買を要請してきた」と説明した。

DSCAは「今回の販売は、米国のインド太平洋司令部の活動舞台で最も近い同盟国の一つ(韓国)の安全保障・防御的必要を満たすことで、米国の外交政策と国家安保目標を後押しすることになるはず」と強調した。

また「韓国は東アジアと西太平洋の政治・経済的主要国の一つであり、地域の平和と安定保障において米国の核心パートナー」と明らかにした。続いて「今回の販売は地域の基本的な軍事的均衡を変えないだろう」と伝えた。

DSCAは16日、議会にこうした販売計画を報告したと明らかにした。販売は政府間直接取引契約制度の対外軍事販売(FMS)方式で進められ、議会の承認を受けなければならない。

最終決定が出れば韓国と導入時期など細部事項を協議することになる。該当ミサイルは2023年から導入されるイージス艦に搭載される予定だ。


2019年05月18日10時32分 [中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/491/253491.html?servcode=A00&sectcode=A20
no title

【【昔の八百屋】 米国 「韓国にSM2ミサイル販売承認…3億万ドル規模」 [05/18] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/12(日) 18:29:40.70 ID:c7r37T+89
韓国は2024年までにヒト、動物、昆虫を模した軍事ロボットを導入開始する方針だ。

韓国の聯合ニュースが同国の装備調達機関の情報をもとに報じた。

2024年までにヒトや昆虫を模したロボットを展開する計画。続いて鳥類やヘビ、海洋生物を模したロボットを導入する見通しだ。

装備調達期間の職員は「生物ロボットは将来の戦争のゲームチェンジャーとなり、関連技術は防衛産業に大きな変化をもたらすと見られる」と述べた。

ロボットは情報収集や捜索救助活動に用いられる。

https://jp.sputniknews.com/asia/201905126249438/

【【韓国】2024年までにヒト、動物、昆虫を模した軍事ロボ導入へ 「生物ロボットは将来の戦争のゲームチェンジャー」 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/08(水) 00:10:13.56 ID:lk6mNVSO9
◆ 北朝鮮の「新型ミサイル」設計図渡した?文大統領の失策

ざっくり言うと
・北朝鮮が4日、日本海に向けて発射した新型ミサイルとみられる「飛翔体」
・識者は、韓国が開発した「玄武2号」のコピーではないかと分析している
・南北首脳会談で文在寅氏が設計図を渡したなどと疑念も持たれているそう

北朝鮮が新型とみられるミサイルを4日に発射し、世界中を驚かせた。
大陸間弾道ミサイル「火星15」を2017年11月末に発射して以来、約1年5か月ぶり。物騒な事態は繰り返されるのか。

ミサイルは東部の元山付近から日本海に向けて発射された。
北朝鮮事情に詳しい拓殖大学主任研究員で元韓国国防省北朝鮮分析官の高永テツ氏は「ミサイル発射は金正恩(朝鮮労働党委員長)の文在寅(韓国大統領)への不平不満が出たもの。

文在寅は北朝鮮のスポークスマンを気取りながら、何の成果も出していないどころか、トランプ大統領と会談して、逆に武器・兵器を大量購入し、結果的に北朝鮮への脅威となっている。
(今回の発射には)『制裁解除するようアメリカに言え』『もっと北朝鮮にカネを寄こせ』という威嚇の意味がある」と指摘する。

ミサイルには、強烈な皮肉が表れている可能性もある。
外観はロシアの「イスカンデル」、韓国の「玄武2号」に酷似している。

高氏は「玄武2号のコピーじゃないかとみられます。玄武2号は韓国が独自開発したミサイルで、北朝鮮に設計図をハッキングされたか、昨年の南北首脳会談で文在寅が金正恩に渡した『新経済構想』のUSBメモリーの中に設計図が入っていたんじゃないかともいわれている。
そういう疑念が持たれるから、米韓軍事演習が中止となったのも米側の北朝鮮への配慮ではなく、情報漏洩を危惧した面が強い」と指摘する。

今回のミサイル発射で当初、韓国の参謀本部は「短距離ミサイル」と発表したが、その後、「飛翔体」と変更した。
弾道ミサイルと認めてしまえば、国連安保理決議に違反し、北朝鮮との和平を進めてきた文大統領にとってはメンツ丸潰れとなる。
そのミサイルが、よもや玄武2号のコピーとなれば恥の上塗りでしかない。

安倍晋三首相は6日夜、トランプ米大統領と電話で会談し、飛翔体を発射した北朝鮮を巡り、日米で一致して対応することを確認。
首相は会談後、公邸で記者団に「日米の専門家同士で協力して分析していく」と述べた。

写真:北朝鮮が4日に発射した“ミサイル”(ロイター)
no title


東スポWeb 2019年5月7日 16時10分
http://news.livedoor.com/article/detail/16422364/

【【外交の天才】 #北朝鮮ミサイル 韓国の開発した玄武2号に酷似 南北首脳会談で文大統領が設計図を渡した可能性も浮上 】の続きを読む

このページのトップヘ