カテゴリ: 竹島

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/20(月) 19:17:39.68 ID:lq/R2GAB9
独島海洋微生物から坑がん物質を発見…「独島リピッド」と命名

 韓国研究陣が独島(ドクト、日本名・竹島)周辺海域の堆積土に存在する海洋微生物から坑がん効果のある3つの新物質を発見して「独島リピッド(Dokdolipids A-C)」と命名した。 

 20日、海洋水産部と韓国海洋科学技術院によると、韓国海洋科学技術院のシン・ヒジェ博士が率いる研究チームは2006年から推進された「独島の持続可能利用研究事業(研究責任者パク・チャノン博士)」の目的で今回の研究を進めた。
 研究結果、独島リピッドは大腸がん・胃がん・肺がん・腎臓がん・前立腺がん・乳がんなど6つのがんに対して坑がん活性成分を保有していると明らかになった。

 独島里リピッドは、シャンプー・歯磨き粉・化粧品・食品・医薬品などに活用される化学物質である生物界面活性剤だ。
 石油の副産物から得られる一般的な界面活性剤とは違い、生物が生産するため副作用がなく環境にやさしい天然界面活性剤が関心を集めている。

 今回の研究結果は世界的な権威のある海洋医薬分野学術誌である「マリンドラッグス(Marine Drugs)」に先月20日掲載され、韓国内特許(今年1月28日)および国際特許(PCT)出願(今年3月8日)も完了した。

 (以下略、続きはソースでご確認下さい)

中央日報 2019年5月20日 13時2分
http://news.livedoor.com/article/detail/16487010/
no title

【【竹島】韓国研究チーム、竹島周辺の海洋微生物から6つのがんに有効な坑がん物質を発見…「独島リピッド」と命名  】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/12(日) 19:06:35.06 ID:vs21Bzh19
産經新聞 2019.5.12 18:30
https://www.sankei.com/affairs/news/190512/afr1905120022-n1.html

 竹島(島根県隠岐の島町)を不法占拠する韓国が竹島周辺の日本領海で無人観測装置「海上ドローン」による
海洋調査を計画している問題で、韓国側が遅くとも2016年から同様の調査計画を本格化させ、
データの収集や分析を継続してきたとみられることが12日、分かった。
軍事上の目的や資源の把握のため、海洋情報の蓄積を加速させる恐れがあり、日本政府は警戒を強めている。

 国連海洋法条約は他国領海などで調査を行う場合、外交ルートで同意を得ることを定めている。
しかし、海上ドローンによる海洋調査を主導する韓国の政府機関「国立海洋調査院」(KHOA)は16年5月、
公式サイトで「無人海洋調査システムの基本計画」と題した事業計画を日本側に無断で公表。
約4億5千万ウォン(4400万円相当)の事業費で入札を実施した。

 計画概要では、無人観測装置などのロボットを活用した調査の戦略を固めることなどを課題として提示。
水面を航行して海洋データを収集する海上ドローンを投入し、竹島などで試験的な調査を行うとしている。

 17年2月には事業費を約19億2千万ウォン(1億9千万円相当)に拡大し、海上ドローンによる竹島などでの本格的な調査計画を公告。
同計画では、翌18年9月、KHOAが17年3~11月に実際に調査を行ったとする報告書を公開し、日本政府は外交ルートで韓国に抗議した。

 さらにKHOAは18年3月にも、約19億9千万ウォン(2億円相当)の事業費を投じ、
より詳細な竹島の無人調査を行う計画を公告しており、すでに実行された可能性がある。

 こうした海洋調査をめぐっては今年3月、KHOAが約19億9千万ウォンの事業費で17~18年と同様の計画を公式サイトで新たに公開し、
竹島や西方の鬱陵島(ウルルンド)などの周辺海域で調査を行うとして入札を公告していたことが判明、政府が韓国に抗議していた。

◇ 韓国側が投入している海上ドローンと同型とみられる自律型海洋観測装置(AOV)=海上保安庁提供
no title


【【韓国】海上ドローン竹島調査 韓国、2016年から継続か 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/02(木) 17:45:31.98 ID:bTrL8s9H0 BE:784885787-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
日本海呼称めぐり応酬 韓国「東海、多くの地図に併記」朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000015-asahi-int
 米ニューヨークの国連本部で開催中の「地名専門家グループ」の会合で4月29日から1日にかけ、
日本海の呼称をめぐって日韓が応酬を繰り広げた。「東海」呼称を求める韓国が提出資料で日本海に言及したことから、
政治論争に発展。各国の地名の決め方の知識を共有するという会合の本来の目的からそれたものになった。
 会合での論争は、韓国が「東海ソサエティー」と称する団体のセミナーへの参加を呼びかける文書を
参考資料として提出したことから始まった。セミナーは「朝鮮半島と日本列島間の海の呼称について、
合意がないことの解決をめざして開始」し、昨年の議題は「両名併記」だったという。

 この文書について、川村泰久・国連次席大使は29日、「日本海が国際的に確立した唯一の呼称で、
国連などの国際機関も使用している。この会合でプロパガンダを広めることは適切ではない」と指摘した。

 一方、韓国は「国際的に『東海』は広く使用されており、否定できない事実だ。
かなり多くの地図でも併記している」と反論。1日には「(二国間で)議論がある場合、両名併記は
実現可能な解決手段だ」とする別の参考資料について説明した。

 これを受け、川村次席大使は「近年地図に両方が併記されているのは、韓国政府のロビー活動の結果だ」と指摘。
すると韓国は、「『東海』を用いている出版社に大きな敬意を表する」と正当性を強調した。

 韓国は1992年以降、「日本海」の呼称は日本の植民地主義に起因するとして
「東海」を用いるよう再三にわたり要請。国連事務局は2004年、公式文書では日本海を用いる方針を示している。(
ニューヨーク=藤原学思)
no title

【【しつこい】韓国、国連で日本海の名称を「東海」にしろと執拗に連呼 もはや日韓断交待ったなしへ 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/04/28(日) 16:37:25.86 ID:5Jdz7mdv9
2019-04-28 15:12
http://news.searchina.net/id/1678294?page=1

 日韓が領有権を巡って争いを続けている竹島(韓国名・独島)。中国メディアの今日頭条は24日、「この島は歴史的には誰のものか」について分析する記事を掲載した。

 記事は、総面積がわずか0.2平方キロメートルと小さなこの島について、戦略的価値が非常に高く、日韓の争いが絶えないと指摘。
では一体どちらに属しているのかと疑問を呈しているが、結論からすると「歴史は非常に複雑なのでひとことでは言えない」としている。

 まずは、どちらが先に見つけたのかについては、日本も韓国も自分のほうが先に見つけたと主張していると紹介。
韓国では6世紀頃に、多くの漁民が存在を確認していたとしているが、日本側は17世紀に大谷甚吉が海上で暴風雨に遭い、竹島に漂流したのが最初だったと主張していると伝えた。

 ただ、昔のことでありどちらの言い分も証明することができず、無人島のままでしばらくは放置されていたと記事は紹介。しかし、「韓国に有利な情報」もあると伝えた。
記事は「朝鮮国交際始末内探書」の記載について触れており、他にも韓国側は様々な文献や地図を証拠としているが、外務省は、日本が領有権を再確認した1905年より前に,韓国が竹島を支配していたことを示す明確な根拠は提示されていないと主張している。

以下ソースで読んで
no title

【【中国メディア 】日本と韓国が争う竹島、「この島は歴史的には誰のものか」 】の続きを読む

1: 次郎丸 ★ 2019/02/23(土) 09:19:12.56 ID:xXgyyahQ9
悪化止まらぬ日韓関係 「竹島の日」に批判の応酬
鬼原民幸 ソウル=牧野愛博
2019年2月23日8時27分
https://www.asahi.com/articles/ASM2Q54KHM2QUTFK014.html

 日韓関係の悪化に歯止めがかからない。元徴用工への賠償問題や韓国の国会議長による天皇陛下への謝罪要求など問題が続発。日本政府内にはあきらめムードすら漂う。韓国政府は南北関係改善を最優先。日本への関心は薄れ、関係改善の糸口はみえない。

■「外交能力を失っている」

 22日に松江市で開かれた「竹島の日」記念式典。政府代表として出席した安藤裕・内閣府政務官は「韓国により不法占拠されている竹島は、我が国固有の領土で、主権に関わる極めて重要な課題だ」と訴えた。2012年の李明博(イミョンバク)大統領(当時)の竹島上陸や海洋調査船による周辺海域での調査などを列挙。例年よりも、韓国の問題点を強調するくだりが目立った。

かつてないほど冷える日韓関係。双方の主張が激化する背景には、何があるのか。

 式典には超党派の「日本の領土…

残り:1807文字/全文:2112文字
以下、非公開記事です
no title

【【日本の領土】日韓関係の悪化歯止めかからず 「竹島の日」に批判の応酬 】の続きを読む

このページのトップヘ