2019年05月

    1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/24(金) 13:47:20.22 ID:CAP_USER
    韓国が、米国主管の新たな太平洋合同演習への参加を決めた。韓国軍関係者は23日、「米国側の要請で韓国・米国・日本・オーストラリアの4カ国海軍が参加する『パシフィック・バンガード』演習が、きょうから5日間の日程で始まった」と語った。米国から「航行の自由」への支持要請があり、インド・太平洋戦略も具体化している中で行われた今回の演習を巡っては「中国に向けた米国による武力の誇示」という声が上がっている。

     太平洋のグアムおよびマリアナ諸島付近の海域で始まった合同演習に、韓国海軍は駆逐艦「王建」(4200トン級)を派遣した。王建は対空防御や対潜水艦戦闘などの任務を遂行し、「ハープーン」対艦ミサイル、SM2対空ミサイル、5インチ砲、対潜ヘリなどを搭載している。日本の海上自衛隊は護衛艦「ありあけ」(4800トン級)および「あさひ」(5100トン級)を送った。米国は第7艦隊旗艦「ブルーリッジ」(1万9600トン級)などを、またオーストラリアはフリゲート艦「メルボルン」(4300トン級)および「パラマッタ」(3800トン級)を送った。

     米第7艦隊は、今回の演習について「この地域で起こり得るさまざまな事件への効果的な協力対応を可能にしようという趣旨。共有される価値と共同の利益を基にインド・太平洋全域に安全保障を提供する、同じ考えを持つ四つの海洋国家が能力を強化するところに目的がある」とコメントした。「共有される価値」とは、米国が中国を批判する際に用いる表現だ。

     韓国海軍は、このような「中国圧迫」の意味合いが強い演習に参加することには負担を感じていたといわれている。哨戒機・レーダー照射問題を巡る日本との対立がまだ解消されていない状態で日本と共に演習を行うという点も負担として作用した。韓国海軍の高官は「正確な意図は分からないが、米国側からは普段よりも強力な要請があった」と語った。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/24/2019052480027.html
    no title

    【【韓国】中国をけん制する韓米日豪合同演習、乗り気ではない韓国海軍 日本と共に演習を行うという点も負担として作用[05/24] 】の続きを読む

    1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/25(土) 00:31:52.88 ID:CAP_USER
    韓国大法院(最高裁)が日本企業に対し、元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、河野太郎外相は23日、現状のままでは6月に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせた日韓首脳会談は難しいとの見方を示した。国際会議の議長国は通常、参加国と二国間会談を行う。韓国との会談を見送れば、異例の対応になる。

     日本政府は韓国政府に対し、日本企業に被害が出ないような対応策を講じるか、日韓請求権協定に基づいて第三国を交えた仲裁委員会の設置に応じるよう求めている。河野氏は訪問先のパリで記者団に「G20に文在寅(ムンジェイン)大統領がいらっしゃるでしょうから、そこまでに解決されているのが望ましい」と語った。日本側の要求に応じない限り、G20首脳会合に合わせた日韓首脳会談はできないという考えだ。文氏は10日、G20首脳会合で「安倍晋三首相と会談できればよいと思う」と述べていた。

     河野氏は23日、パリで韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談し、激しい応酬を繰り広げた。河野氏は冒頭、韓国外交省報道官が23日の記者会見で「日本企業が大法院の判決を履行する場合、何の問題もない」と述べたことに触れ、「事の重大性を理解していない大変な発言だ」と厳しく批判した。

     康氏は「日本は被害者(元徴用工)の苦痛と傷を癒やす努力をすべきだ」と主張。これに対し、河野氏は「個人の感情を優先するのではなくて、国交の基礎になっている国際法に違反する状況を速やかに是正する必要がある」と反論した。また、河野氏は仲裁委員会の設置に応じることを求めたが、康氏は応じず、会談は平行線に終わった。

     判決を踏まえた韓国政府の対応…

    残り:315文字/全文:1002文字

    https://www.asahi.com/articles/ASM5S4S2XM5SUTFK00V.html
    no title

    【【徴用工問題】日韓首脳会談、異例の見送りか 河野外相「現状難しい」[05/25] 】の続きを読む

    1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/24(金) 16:15:58.09 ID:CAP_USER
    世界貿易機関(WTO)の改革に関連し、日本とアメリカが団結するようだ。

    23日付の朝日新聞の記事によると、日本の河野太郎外相とロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が22日(現地時間)にパリで会談した。この席で2人はWTO紛争処理機構について不満を表明し、WTO改革について連携することに合意した。

    日本側の発表によると、最近、韓国が福島第1原発事故後に日本8県の水産物輸入禁止措置を取ったことを事実上容認したWTO上級委員会の決定について日米双方の批判の声を上げた。

    河野外相は「(上級位が)韓国の輸入規制措置が協定違反かどうかの判断を行わず、紛争解決の機能を果していない」と批判した。これについて中国との貿易摩擦がある米国側もWTOに対する不満を示した。ライトハイザー代表は「米国としても数々のケースを通じて上級委員会の問題を痛感してきた」と日本の立場に同調した。

    ライトハイザー代表は「このような形で日本が上級委員会の問題の犠牲になる事態は目にしたくなかった」と述べた。朝日新聞は日本側の出席者を引用し、ライトハイザー代表が上級委員会のメンバーの名前まで挙げて批判したと報じた。

    日本政府は先月WTO上級委員会が1審を覆し韓国の日本産水産物の輸入規制が適切であるという趣旨の判決を出した後、WTO改革の必要性を主張してきた。

    特に先月29日、安倍晋三首相がドナルド・トランプ大統領に会いWTO改革に関する支持を得た。中国との貿易不均衡を問題視し、WTOに公開的な不満を示したトランプ大統領と安倍首相の利害が合致したのだ。トランプ大統領は「WTOが中国の味方をしている」とし、WTOを脱退する可能性があるという発言を幾度もしてきた。

    しかし、今回のように「日本がWTOの問題の犠牲になった」などの具体的な発言が米政府要人から出たのは初めてだ。

    安倍首相はWTOの判定直後にEU(欧州連合)・カナダなどを訪問し、WTO改革の問題を正面から切り出した。安倍首相は「韓国の輸入規制への判断についてWTO加盟国からの妥当性を問題視する声が高まっている」と述べるなど、WTOの判決の不当性を主張してきた。


    2019年05月24日15時07分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/735/253735.html

    関連スレ
    【聯合ニュース】WTOの水産物禁輸容認判断 日本の問題提起は「不当だ」=兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)[5/24]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1558681274/
    no title

    【【中央日報】「ライトハイザー米通商代表部代表もWTO改革支持…日本が犠牲に」具体的な発言が米政府要人から出たのは初めて[05/24] 】の続きを読む

    1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/24(金) 17:44:34.66 ID:CAP_USER
    2019年5月23日、韓国・KBSは、韓国外交部の第1次官に「日本通」の趙世暎(チョ・セヨン)国立外交院長が任命されたとし、「日韓関係の解決が期待される」と伝えた。

    記事によると、趙院長は金泳三(キム・ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)元大統領の日本語通訳を担当した他、東北アジア局長など日本関連の主要業務を歴任。駐日韓国大使館で3回勤務した経験もある。

    趙院長は李明博(イ・ミョンバク)政権で東北アジア局長を務めていた2012年、日韓情報保護協定締結をめぐる問題で責任を問われて東北アジア局長を辞任し、その翌年に外交部を退職した。文在寅(ムン・ジェイン)政権では、日韓慰安婦合意を検討する作業部会(TF)の副院長を務めたという。

    記事は「外交部きっての日本通と言われる趙氏の起用は、日本企業に賠償を命じた昨年の韓国最高裁の徴用工判決などにより硬直している日韓関係を考慮したものとみられる」と分析している。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「たしかに、日韓関係は何かしらの突破口を模索しなければならない時期に達した」
    「韓国は現在、日米韓同盟の仲間外れになっている。反日感情を押し出すのではなく、自国の利益を優先する賢い外交をしてほしい」

    など期待の声が上がっている。 一方で

    「次官を代えてもね…。大統領を代えなければ日韓関係はどうせ変わらない」と指摘する声や、
    「ウォン急落で日本との通貨スワップが必要になったのかな?」
    「もう少ししたら通貨スワップの話題が出るだろうな。また日本にお願いする形になるのか…」

    と懸念する声も見られた。


    2019年5月24日(金) 17時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b714337-s0-c10-d0058.html
    no title

    【【韓国】 外交部第一次官に“日本通”を起用  韓国ネッ ト「もう少ししたら通貨スワップの話題が出るだろうな」 [05/24] 】の続きを読む

    no title
    1: コリアの真実を追求する名無し 2019/05/24(金) 21:00:40.96 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00010003-fnnprimev-int

    「事の重大性を理解していない大変な発言である。こうしたことが日韓関係を非常に難しくしているという事を認識、共有してもらいたい」

    【画像】カメラの前で厳しい表情で韓国側を批判する河野外務相

    厳しい表情で韓国側にこう語った河野太郎外相。5月23日にパリで開かれた日韓外相会談の冒頭、いわゆる徴用工を巡る問題について、報道カメラの前であえて韓国側を強く批判した異例の発言だった。

    河野外相が批判したのは、同じ日に韓国外務省のスポークスマンが定例会見で「日本企業が韓国最高裁の判決を履行すれば何の問題もないと考える」と発言したためだ。スポークスマン発言を補足説明すると、徴用工訴訟が大きな問題になっている責任を日本側に転嫁するとともに、賠償を支払うよう日本企業に求めたものと解釈出来る。

    このスポークスマン発言には伏線がある。
    5月21日に日本政府が韓国政府に第三者を交えた仲裁手続きに入ると通告したのを受け、河野大臣が「文在寅大統領に責任をもって対応して頂きたい」と発言したのだが、韓国側はなぜか「外交非礼」だと言い出したのだ。徴用工問題の対策を取りまとめていた韓国ナンバー2の李洛淵(イ・ナギョン)首相が「対応に限界がある」と発言したために日本政府は仲介手続きに入ったのだが、ナンバー2がダメだと言ったなら大統領に対応を求めるしかない。河野大臣の発言は当然のものだが、なぜか韓国メディアは「非礼」だと言い出した。大臣と大統領とでは格が違うというのがその理由のようだ。李洛淵首相は以前「日本の指導者が反韓感情を利用している」と発言したが、安倍首相を含む日本の指導者全体を批判したこの発言は外交非礼だとの議論は韓国では起きなかった。随分都合がいいものだ。

    話が逸れたが、そのような状況で韓国外務省の定例会見が行われた。その際、スポークスマンは記者の質問に答えるのではなく、質疑応答の途中で唐突に、「日本外務大臣が記者会見で特定発言をしました」 と言い出し、問題の発言をしたのだ。つまり、記者の質問に煽られたのではなく、意図的に発言している。

    こうした経緯と、その発言の重大さから、河野大臣は日韓外相会談の冒頭撮影の時に、カメラの前で韓国を批判したとみられる。

    法よりも 感情を優先する韓国

    韓国外務省が日韓外相会談後に発表した文書には、こんな文言があった。
    「徴用工問題が韓日関係全般に否定的な影響を及ぼさないよう、両外交当局が賢く解決していく必要があるだけに、日本側としても被害者たちの苦痛と傷の治癒のために共に努力する必要がある」

    徴用工訴訟の最高裁判決によって、1965年から続く日韓関係の根幹を韓国側が一方的に傷付けておきながら、日本側に努力を求めてきたのだ。会談後取材に応じた河野大臣は、韓国政府が日本側に努力を求めた事についてこう語った。
    「この問題は国際法に関する問題でありますから、二国間の国交を考えるならば、この国際法違反の状況が是正されなければならないという事であります。個人の感情を優先するのではなくて、やはり国と国との国交の基礎となっている国際法違反という状況を速やかに是正される必要があると思います」

    河野大臣は、外相会談でも同様の発言をし、韓国側に再考を促したという。この河野大臣の発言には「なぜこんなに日韓関係が揉めているの?」という疑問の答えが端的に示されている。それは、法やルール、約束を重視する日本と、法よりも感情を優先させる韓国との根本的な価値観の違いだ。

    国際社会で法やルールを無視し、感情を優先させれば紛争が起きるのは当然だ。感情は日々変わるし、どうすれば感情が良くなるのか、悪くなるのか明確では無いので、いつ約束をひっくり返されるのか分からない。感情を優先する国とは将来を見通す約束を結ぶことは出来ない。法律や条約、ルール、約束を守るという価値観さえ共通していれば、対立する歴史や異なる文化を持つ国同士でも、将来を見通す約束を交わし、双方にとって利益のある関係を目指す事が出来る。

    韓国政府は、国家間の約束である慰安婦問題に関する日韓合意を、元慰安婦や国民の感情を理由に一方的に反故にした。徴用工に関する問題も、「被害者の苦痛や癒し」など感情的な文言を出すだけで、具体的な解決策は一切出していない。残念ながら、感情よりも法やルール、約束を守るという価値観が共有出来ていないと言わざるを得ない。

    以下ソース

    【【日韓】河野外相発言で浮き彫りに…価値観が根本的に違う日韓は歩み寄れるのか? 法よりも 感情を優先する韓国[05/24] 】の続きを読む

    このページのトップヘ