2018年10月

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/10/16(火) 23:15:37.10 ID:J3c6XUIc0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    アポロ11号の月着陸から50年を経てあらためて行われる大規模な国際宇宙開発プロジェクトに、韓国が参加する道が開かれた。
    米国の宇宙開発政策を総括する航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンズティーン長官は今月2日、ドイツのブレーメンで開かれた国際宇宙会議(IAC)で、
    本紙の取材に対し「NASAが推進している月軌道宇宙ステーション建設に韓国も参加してほしいと口頭で要請を行い、今月中に公式文書も送る計画」と語った。
    米国が中心的な宇宙開発計画に韓国の参加を公式要請するのは、今回が初めてだ。

     月軌道ステーション開発を担うNASAの発展型探査システム部門の責任者、ジェイソン・クルーザン氏は「韓国が参加の意思を表明し次第、韓米の2国間もしくは参加国などの多国間開発協定を結ぶ予定」と語った。
    月探査の国際機関「ムーン・ビレッジ・アソシエーション(MVA)」の理事を務める李泰植(イ・テシク)漢陽大学教授は
    「韓国はかつて国際宇宙ステーション(ISS)に参加できず、宇宙技術発展の決定的チャンスを逃した。
    今回の月ステーション建設に参加すれば、宇宙ロケットや宇宙通信など中心的な宇宙技術を短期間で向上させることができる」と語った。

     だが科学技術情報通信部(省に相当)の関係者は、これについて「NASAの要請にわれわれも可能性を検討しているが、
    技術力や予算など考慮要素が多く、参加するかどうかを決められずにいる」としか語らなかった。
    欧州・ロシアなど主要宇宙開発12カ国がNASAの要請に対して直ちに参加の意思を表明したのとは異なる反応だ。

    NASAが月探査参加を提案するも韓国政府は即答せず
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/16/2018101601331.html
    no title

    【米NASA、韓国に月面探査計画への参加を要望 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/10/17(水) 00:05:14.20 ID:81HMWXHw0 BE:882533725-PLT(14141)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
    仏韓首脳会談 「金正恩氏は核兵器・核物質全廃の用意」文在寅氏が常任理事国に制裁緩和を働き掛け

    10/16(火) 20:24配信

    産経新聞

     【ソウル=桜井紀雄、パリ=三井美奈】欧州歴訪中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、
    パリでフランスのマクロン大統領と会談し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が米国に
    よる「相応の措置」を条件に「核・ミサイル実験の中断や生産施設の廃棄だけでなく、
    現在保有する核兵器と核物質全てを廃棄する用意があると明らかにした」と述べた。韓国大統領府が説明した。

     文氏は「少なくとも、北朝鮮の非核化が後戻りできない段階に来たとの判断が立てば、国連制裁の緩和を通じて
    非核化をさらに促進すべきだ」と続け、マクロン氏に国連安全保障理事会の常任理事国としての役割を果たすよう求めた。

     文氏は英BBC放送のインタビューで、北朝鮮の非核化は「核兵器・核物質をなくすこと全てを含む」と説明したが、
    金氏の非核化意志にさらに踏み込んだ形だ。制裁維持を訴える米国に対し、中国やロシアが制裁緩和を支持する中、
    残る安保理常任理事国のフランスや英国に働き掛け、制裁緩和に向けた素地を作る狙いとみられ、北朝鮮擁護の姿勢が一層鮮明になった。

     一方、マクロン氏は会談後の共同記者会見で「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」の重要性を強調し、
    「北朝鮮が核廃棄プロセス開始の意思を明確に示す」までは、安保理制裁を維持すべきだとの立場を示した。

     文氏は「北朝鮮に安全を保障されるとの信頼を与え、彼らに『正しい選択をした』と思わせる必要がある」と述べ、
    積極的な協力を促した。これに対し、マクロン氏は非核化や人権問題で進展がなければ、北朝鮮と国交を結ぶ考えがないと明らかにした。
    北朝鮮の核廃棄にあたっては、核の専門家や技術者を派遣する用意があるとも表明した。

     北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、「米国が制裁を続けるというのは関係改善をやめようということ」だと個人名の長文記事で批判した。
    「朝米交渉という列車は制裁という障害物をレール上に置く限り、一寸たりとも進むのが難しい」と主張。中露も相応措置が必要だとしていると指摘した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000598-san-kr
    no title

    【【仏韓】文大統領「北朝鮮に制裁緩和を!」→マクロン大統領「何いってんのお前?」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/10/15(月) 21:57:05.08 ID:9McsXWW50● BE:121394521-2BP(3112)
    sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif
    【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は15日、政府ソウル庁舎で日韓親善協会会長の河村建夫元官房長官らと会談し、
    1998年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が「韓日共同宣言」を発表してから20周年を迎えたことに触れ、

    「今年中に両国関係を『後戻りできないくらい』変化させられるよう、互いに知恵を集めよう」

    と呼びかけた。

     河村氏は韓日・日韓親善協会の合同大会に出席するため、韓国を訪問した。

     李首相は
    「韓国と日本の間には難しい問題があるが、金大中・小渕時代の精神と教訓を記憶し、
    意思疎通や協力を続けていけば、両国関係は揺れることなく発展していくと思う」
    と強調した。また、金元大統領が日本の大衆文化開放や韓中日の3カ国首脳会談の開始、両国の自治体トップによる協議会発足などの決定を下すことにより、
    両国関係を国際的な関係だけでなく、草の根に至るまで幅広く発展させようとする意思をみせたと評価した。

     河村氏は李首相に同意した上で、当時の両国関係に戻していくために両国の政治家と国民が努力していくことが重要だと話した。

     また共同宣言20周年を記念して開催された今回の合同大会で両国関係の発展に関する有益な議論があったとして、今後も両国の人的交流の活性化のために努力していく考えを示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000075-yonh-kr
    no title

    【韓国の首相「両国関係を後戻りできないくらい変化させられるよう、互いに知恵を集めよう」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [ニダ] 2018/10/13(土) 12:00:55.18 ID:t3cJAFpq0 BE:993788992-PLT(13001)
    sssp://img.5ch.net/ico/miyabi.gif
    トランプ大統領「承認を受けろ」3回繰り返す…外交欠礼論争の渦中で青瓦台の立場は?
    2018年10月12日09時44分

    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の5・24措置解除検討発言(10日の外交部国政監査)に対し、
    米国大統領が直接反応した。ドナルド・トランプ大統領は5・24措置解除に関連し、10日(現地時間)、
    「彼らは我々の承認(approval)なくそのようにしないだろう」と述べた。
    ホワイトハウスで、記者団から「韓国政府が一部制裁解除を検討しているようだ」と問われると、トランプ大統領は
    このように答えて「彼らは我々の承認なしにそのようにしないだろう」と繰り返した。
    記者団が再度「韓国政府と接触しているのか」と質問すると「そうだ」と答え、「我々の承認なしに何もしないはずだ」と強調した。

    外交界では「承認」という単語に注目している。対等な同盟関係で「承認」という表現が出てくることはほとんどないためだ。
    ある元外交官は「数十年の外交官生活の中で、米国大統領がこのような単語を使うところは初めて見た。
    いったい韓国をどのように認識しているのか理解できない」とし「光すら漏れる隙間がないという韓米共助はどうなったのか」と反問した。
    反面、青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこれを韓米間の協議を強調したものだと解釈した。
    金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は記者団に対して「すべての事案は、韓米間に共感と協議がある中で進めていくという意味に取れる」と答えた。

    だが、トランプ大統領の独特のスタイルを考慮しても、同盟国の政策判断を承認対象と言及したことは、異例というだけでなく
    大きな欠礼であるという方向に外交界の意見は傾いている。
    趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は11日、国会外交統一委員会の統一部国政監査で「米国と国連軍司令部の同意なく
    我々が何もできないということに長官も同意するか」という金武星(キム・ムソン)議員(自由韓国党)の質問に、
    「何もできないというのはやや適切でないように思う」と答えた。
    その一方で、度重なる外交通商委院の質問に「政府が5・24措置の解除を具体的に検討した事実はない」と繰り返した。
    主務部署長官として火消しに努めるような雰囲気だった。

    https://japanese.joins.com/?cloc=jp|article|gn_logo
    no title

    【「韓国は日本の安倍のような米国のポチではない」トランプの「無礼発言」に青瓦台が反発 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/10/13(土) 19:00:41.40 ID:F37AHB1l0● BE:887141976-PLT(16001)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    11日韓国済州島で行われた韓国海軍国際観艦式で、国旗以外を掲げるないようにと世界中の海軍に警告。

    しかしこれは世界中の海軍に言っているように思えるが実は日本の旭日旗に対しての警告だった。
    日本側は旭日旗を下げてまで観艦式に自衛艦を派遣する必要がないと判断し、参加が中止に。
    それに続くかのように中国も参加の中止を発表した。中国の中止理由は、アメリカが参加するためなのか
    韓国に命令されたためなのか詳細は不明。

    そんな韓国側は水軍の大将である李舜臣(イ・スンシン)を称える旗が掲げられた。これは「抗日の英雄」であり、
    黄色い旗に「帥(スイ)」と書かれている。韓国で英雄とされているこの旗に対して韓国メディアは
    「日本の外務省は『英雄』と『戦犯』区分できず」という記事を13日付けで公開している。

    更に別の記事では「海軍は国際観艦式を迎え、韓国と全世界海軍の英雄である李舜臣将軍を称えて帥旗を掲げた」と書かれている。

    この一文を読むと李舜臣はまるで世界中の英雄かのような扱い。
    韓国海軍国際観艦式に参加したら水軍の大将である李舜臣を世界中で英雄扱いしろということだったのだろうか。

    http://gogotsu.com/archives/43870
    no title

    no title

    【韓国海軍は李舜臣を世界中の英雄にするために旗を掲げてた 「日本は英雄と戦犯の区別ができない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ