1: コリアの真実を追求する名無し 2019/07/14(日) 14:10:07.64 ID:CAP_USER
7月4日、日本は韓国に対し、特定品目の輸出に関する優遇措置を打ち切った。

対象は、テレビやスマホの有機ELディスプレーに使われるフッ化ポリイミド、半導体の製造過程で不可欠なレジストと
エッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目。今後、韓国がこれらの材料を日本から輸入する際は、許可申請の煩雑な手続きが必要になる。

この措置に対し、韓国は「輸出の20%を占める半導体産業を潰すつもりか」と猛反発。

各地で日本製品の不買運動が起こるなど、反日感情が爆発している。

「7月6日には、反日の象徴である慰安婦少女像に、『日本人らしき4人の男が唾を吐いた』との報道がありましたが、
韓国警察が捜査した結果、全員が韓国人だと判明しました。彼らは、行為をとがめた住民に対し、日本語で反論していたため間違われたとされていますが、
日本人の非道ぶりをアピールするために、わざと日本人のふりをしていた可能性もあります」(ソウル在住の邦人記者)

韓国側は、一方的に「日本が“輸出規制”で日韓貿易戦争を仕掛けてきた」と騒いでいるが、これはフェアな意見ではない。経済アナリストが解説する。

「実態は輸出を規制したわけではなく、’04年から続けていた優遇措置をやめて、他国と同じ扱いにするというだけです。
中国や台湾にも半導体メーカーはありますが、アジアの中で優遇措置を受けていたのは韓国だけだったんです。

対象の3品目は軍事転用可能な化学物質ですから、もともと輸出には慎重さが求められる。
これまでは、日韓の信頼関係を担保に優遇していたわけですが、それが崩れてしまったという背景もある」

フッ素関連の材料は、毒ガスや化学兵器の生産に使われる恐れがあり、実際、これらの材料が大量に発注され、韓国で行き先が分からなくなった事例もあるという。

「安倍首相や自民党の萩生田光一幹事長代行などが、この点を盛んにアピールしていますが、
こうした材料が韓国から北朝鮮に流され、軍事転用されるかもしれないという現実的な脅威にさらされているからです」(与党関係者)

そもそも、とうの昔に決着しているはずの徴用工や慰安婦に関する戦後補償問題を幾度となく蒸し返し、北朝鮮にすり寄る一方、
日本に対してはレーダー照射で軍事的にも挑発してきた韓国を、日本が信用しろというほうが無理な話だ。

今は、日本がとった優遇措置の打ち切りに過剰反応しているが、それより前から韓国経済には暗雲が立ちこめていた。

「現在の韓国は、半導体価格の急落と中国経済の不振によって輸出が急減しています。
韓国経済は、半導体とスマホで世界をリードしてきたサムスン電子1社で支えられていると言っても過言ではない“超一本足打法”ですが、
7月5日に同社が発表した’19年4~6月期連結決算(暫定集計)では、本業の儲けを示す営業利益が前年同期比56・3%減と、すでに危機的状況に陥っているのです。
さらに、今回の3品目が日本から輸入しづらくなると一層の窮地に追い込まれるのは明白です」(前出・経済アナリスト)

このままサムスンの苦戦が続き、同社の株価が下がれば、ほぼ自動的にKOSPI(韓国株価総合指数)も下がるため、ウォンも下がる。
通貨危機の再来すら現実味を帯びてくるのだ。

「ウォンは国際通貨ではないので、日本の銀行が『信用状』を発行することで貿易が可能になっています。
このまま韓国が徴用工問題などで態度を改めず、日本が信用状という“次のカード”を切ったら、韓国経済はひとたまりもない」(同)
https://wjn.jp/article/detail/2527247/
no title

【【日本の輸出規制】 韓国猛反発、反日感情が爆発 「輸出の20%を占める半導体産業を潰すつもりか」 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/07/13(土) 00:35:36.22 ID:l5tBDg8y9
※たまたまスレ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000016-cnippou-kr
 韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は日本が韓国に提起したフッ化水素(エッチングガス)などの戦略物資の北朝鮮搬出疑惑に対して
「そのような事実はない」と明らかにした。

李首相は11日、国会の教育・社会・文化分野の対政府質問に出席し、
「韓国が北朝鮮にフッ化水素を密輸出したことがあるのか」という正しい未来党の河泰慶(ハ・テギョン)議員の質問にこのように答えた。
あわせて
「一部企業が戦略物資を密輸出しようとする試みがあるたびに摘発した。差し押さえ措置を取るか、国連制裁委員会と共に制裁を加えるかして進めている」と説明した。

李首相はまた
「(日本が)安保まで関連付けて経済報復を正当化しようとするのは、我々が維持してきた韓米日安保体制を揺さぶりかねない非常に危険な発言」としながら
「報道されたものによれば、日本側が根拠とした資料が国内の不確かな報道、または政界の流出によるものだったということで実に嘆かわしい」と批判した。

続いて
「日本が選挙に迫っていて過激になりやすくなるのは分かるが、いくらそうでもラインは守らなければならない。
日本の指導者に友情を込めて申し上げたい」と話した。

李首相は
「日本が過去にフッ化水素など戦略物資を北朝鮮に密輸出した事実が日本安全保障貿易情報センターの資料で確認された」という河議員の発言には
「(日本の)非政府機関だが、事実上公信力を持つ情報を扱っていると承知している」と説明した。

★1::2019/07/12(金) 23:09:17.78
前スレ
【友情】韓国首相「日本、選挙が迫っていてもラインは守るべき…友情込めて申し上げる」 北朝鮮搬出疑惑は「そのような事実はない」
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562940557/
no title

【【友情】韓国首相「日本、選挙が迫っていてもラインは守るべき…友情込めて申し上げる」 北朝鮮搬出疑惑は「そのような事実はない」★2 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/07/11(木) 18:53:57.24 ID:CAP_USER
「韓国と日本が助けを要請してくる前に、米国が両国の確執解決に乗り出すのは難しいだろう」

日本が韓国の半導体・ディスプレイ中核材料の輸出規制を予告した直後の2日に会ったトランプ政権のある高官は、
「2015年の韓日慰安婦合意をはじめ、悪化した韓日関係を米国が解決するために水面下で役割を担うのは、
韓日両国が米国に助力してほしいと要請してきたからだった。今はそのころとは違う。今回の確執は韓国と日本が自分たちで解決していくだろう」と言った。

日本が韓国に対する輸出規制を予告した1日、米国務省が韓日確執について見せた公の反応は
「米国は韓日との3国間協力をさらに強化することに専念している」というものだった。

だが、この高官が告白したトランプ政権の本音は「韓日が望んでもいないのに、米国があえて乗り出す必要があるだろうか」というものだった。

韓日関係が悪化しているのにもかかわらず、米政府が積極的に動かない状況は例外的と言っていい。
先月初め、ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)での討論に出席したリチャード・アーミテージ元国務副長官は
「私が遠くから観察したところでは、米国の外交が常にしてきたこと、つまり、間に入って静かに合意を勧告する役割を、我々がしていないということだ」と語った。

韓日確執について沈黙を守るより、アジアでの米国の影響力を最小限にとどめようとする中国の戦略に対応するためにも、
韓日関係改善のために乗り出すべきだということだ。

米国が以前とは違って仲裁役をためらっている背景には、「同盟」と「多国間外交」に意味を置かない「トランプ式外交」がある。
ワシントンの複数の専門家によると、トランプ大統領にとって外交は「両者(二国間)関係」を通じて問題を解決していくものだという。

トランプ大統領は「多国間アプローチ」を好まず、主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)や北大西洋条約機構(NATO)にも関心がない。
トランプ大統領は同盟にも大きな意味を置かない。だから、米国の主要同盟国である韓日が不和になろうが仲良くなろうが関心がない。

「多国間構造」である韓米日3国協力の必要性も重視していないというのだ。

ジョセフ・ユン前国務省北朝鮮担当特別代表兼韓国・日本担当副次官補は7日、「トランプ大統領は同盟や同盟国間の結びつきを気にしないので、
これまで米国は韓日間について水面下での役割ができなかった。米国が伝統的に行ってきた調整役をしないため、韓日関係が悪化した面もある。

トランプ政権では首脳会談であれ高官級会談であれ、韓米日3カ国が会って真摯(しんし)に話し合う機会がほとんどなかったので、
この枠組みが機能するのは難しい状況になった」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/09/2019070980020.html
no title

【【日本の輸出規制】 米当局者 「なぜ我々が仲裁をしなければならないのか」 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/07/11(木) 15:40:46.05 ID:CAP_USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、日本の対韓輸出規制をめぐり韓国財界と懇談会を開いた。韓国メディアはどう報じているのか。

同日午前、大統領府でサムスン、現代自動車、SK、LG、ロッテなど大手企業30社と4つの経済団体を招いた懇談会が開かれた。文大統領は「日本は政治的な目的で韓国経済に打撃を与える措置に出た上、全く根拠なく北朝鮮への制裁に結び付けようとしている。両国の安全保障、発展、世界経済にとってマイナスの影響をもたらす」などと日本を批判。また、外交的な解決を日本側に呼び掛け、「これ以上、袋小路に向かわないよう願う」と述べた。

また、事態が長期化する可能性にも言及。対策として、短期的には、政府が企業の輸入元の多様化を積極的に支援すること、国内生産を拡大すること、行政手続きを簡略化することなどが、長期的には、主要産業の核心技術のレベルアップ、部品・材料・設備の国産化率の引き上げなどが示された。文大統領は、「政府と企業が協力して対応することが必要」とした。
これについて、韓国・聯合ニュースは「日本の措置を政治的目的であるとした上で、日本がこれを韓国の対北朝鮮制裁の履行と結び付けたことに対して事実上、強い遺憾の意を示したものと受け止められる」と伝え、安倍首相が韓国に対し北朝鮮への制裁義務履行を求めたことについて「根拠のない発言」と指摘した。

中央日報は、「文大統領は『悲壮な覚悟』『前例のない非常事態』など普段はあまり使わない強い表現を使った」とし、事態が切迫していることを伝えた。また、「日本は、(韓国の反応を受けても)なお追加制裁を検討している。外交的解決の可能性は事実上小さくなっているということ」と伝えた。

京郷新聞は、「文大統領の話で最も注目を集めた部分は、今回の騒動は安部政権が政治目的で引き起こしたというところ。これは、韓国がこれまで日本政府に直接矛先を向けて来なかったことと大きく異なる」と指摘した。
Record china
2019年7月11日(木) 14時10分
https://www.recordchina.co.jp/b728775-s0-c10-d0052.html
no title

【【文大統領】「日本は全く根拠なく北朝鮮制裁に結び付けようとしている」、韓国メディア「外交的解決の可能性小さく」[07/11] 】の続きを読む

1: コリアの真実を追求する名無し 2019/07/10(水) 15:25:40.20 ID:CAP_USER
【ソウル=豊浦潤一】

韓国の文在寅ムンジェイン大統領は10日午前、日本政府による半導体材料の対韓輸出規制に関して「日本政府が会談に応じてくれることを望む。このまま袋小路を突き進まないでほしい」と語った。

大統領府に韓国の主要30企業と経済団体を集めた会合で発言した。

日本政府は12日、輸出規制強化は正当な貿易管理の一環だと韓国政府当局者に説明する見通しだが、文氏は規制の撤回を議論する正式協議とするよう求めたとみられる。


https://www.yomiuri.co.jp/world/20190710-OYT1T50214/
no title

【【文大統領】 「日本政府が会談に応じてくれることを望む。このまま袋小路を突き進まないでほしい」 [07/10] 】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング